産後のイライラ
こんなお悩みありませんか?
こんなお悩み
ありませんか?

1. 産後の急激なホルモンバランスの変化によるイライラ

妊娠中は、女性ホルモンを中心とした様々なホルモンが胎盤で作られています。しかし、出産を機に胎盤が体内から排出されるとそのホルモンは急激に減少します。

そのホルモンバランスの変化に身体がついていくことが

できずに、出産後多くの女性が情緒不安定になるいわゆる

「マタニティブルー」と言う状態になります。

マタニティーブルーは、自分で自分の感情がコントロールでき

なくなり些細なことでイライラしたり落ち込んだりと産後の

イライラの大きな原因となっています。

2.達成感が得られずイライラ

子供が生まれるまでは当たり前にできていたことが何一つできない。赤ちゃんを泣き止ませるためにすべての作業が中途半端になり、気づけば達成感を得ることができない毎日を送っています。

食事も立ったまま流し込みように食べ、洗い物も最後まで終えることができなかったり、洗濯も掃除も何もかもが中途半端になってしまいます。普段から完璧に物事を進めたいママにとっては、この中途半端感がイライラを増大させる原因になっています。

3.自分のケアができずイライラ

出産前までは、自分が思う通りに好きな服を着てお化粧をし、好きな時に好きな事ができ、ストレスが溜まれば発散し、という生活を行っていたのに。出産後は、ゆっくりお風呂にも入れない、お洒落な服もお化粧も何もかもが二の次になってしまいます。そして、パパからの何気ない「化粧しなくなったね。」「太ったんじゃない?」などの言葉に傷つくママも多いのではないでしょうか。

4. 24時間休みがないというプレッシャーにイライラ

食事も、トイレも、リラックスタイムも、寝ているときでさえ、ママはいつ呼ばれるかわからない中24時間を過ごしています。
お仕事にはお休みがありますが、育児にはそれがありません。

しかも、呼ばれてから抱っこして寝付くまで、3時間以上かかることもあります。時間が読めない日が365日毎日続くなんて、子供を生むまで経験したことがないので、イライラは溜まって当たり前なのです。

 

5 体の不調からイライラ

いつもなら何もイライラしないのに、体に不調があることで些細なことにイライラした経験ありませんか?

頭痛・腰痛・肩こり・重だるさ・尿漏れ・疲労感・太って体が動きにくい・・・

こんなことがママさんにはよくある不調です。

健康は何者にも代え難い宝です。

上手な子育ては健康からです!

 

1. 家事に完璧を求めない

主婦であれば、炊事や洗濯、育児や掃除にと家のことをすべて回せて当たり前だと思っていませんか。赤ちゃんがいれば時間を自由に使うことはできなくなります。

「今日も何もできなかった」とネガティブに考えるのではなく、「今日もいっぱい赤ちゃんと向き合えた。」「初めてのハイハイを見ることができた。」「掃除はできなかったけれど、お皿は洗えた。」など、自分と赤ちゃんのできたことを数えていきましょう。

2. 日々の出来事をパパと共有し、夫婦で協力できる体制を作る

1日中家にいて家事をまともにできない、そんな毎日に対して「専業主婦なのになぜ家事ができないんだ」と心無い一言に傷ついた経験、ありませんか?

家事をしたくても、赤ちゃんのお世話でできない、赤ちゃんが寝ている間は自分も一緒に休まないと身体が持たない、0歳のころは家事より育児に時間がとられて当たり前です。それは赤ちゃんを大事に思っているからこそ。

本当は家事をしたい、でもできなかったという言い訳のみを伝えるのではなく、赤ちゃんを見ていてもらえたらその間にお皿が洗える、洗濯物が干せる、ということを伝えましょう。言葉にしないとわかってもらえません。

3.一人の時間を作る

母乳育児の場合、まだ月齢が小さいときは一日に何度も母乳を欲しがります。30分空けばいい方、実際にはもっと短い頻度で欲しがる時もあります。
そうなるとなかなかパパに預けて外出ということに踏み切れませんよね。それなら、一緒に出かけて少しだけ一人でカフェに入ってみてください。飲み物一杯を邪魔されずに飲み終える。最後までやり遂げる、という達成感を久しぶりに感じましょう。これだけでも随分とホッとしませんか。

どうしても外出するのが難しい場合は、お風呂や抱っこなど少しの間パパに任せて、ゆっくりお茶を飲む時間を作ったり、産後ママ専用のアロマでリラックスするなど自分なりのリラックス法を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

4.「育児ができて当たり前」、のパパを育てあげる

おっぱいをあげることができない以外は、パパもできます。やったことがないからできないだけで、不安なパパには丁寧にやり方を伝えましょう。新生児のころからオムツ替えや寝かしつけをお願いすると、意外とパパのほうが上手にできた、なんていう話も。

どんどん頼って、褒めて伸ばしましょう。親戚やお友達の前で褒めるのも効果的です。イライラしたら、パパとバトンタッチ。パパをうまく育てることができれば、ママ自身にも余裕ができてイライラする回数も減るかもしれません。

5.子供をパパに預けて友達と会う

パパが子供と二人で過ごせるようになれば、月齢が上がるにつれ

数時間預けることは可能になってきます。

いつ泣き出されるかわからないストレスとは無縁の中、友達と会って

お茶しておしゃべりを楽しんで見ましょう。たまにはママという鎧を

おろして、一人の女の子の時間を楽しんでみてはいかがですか。

5、体のケアをする

産後は骨盤の歪みから体調を崩す方も多くいます。

なんと!骨盤の歪みを整えるとホルモンバランスも改善されるんです!!

詳しくは、当院にご相談ください。わかりやすくご説明いたします。

こうして産後の骨盤矯正やカウンセリングをして安心と健康を得ることで子育てがイライラせずにすんだいう話はよくあることです。

 ・日々ストレスをためすぎず、パパやお友達に話して発散すること
・日常に少しでも達成感を見つけていくこと
・育児をがんばっている自分を認めてあげること 

・体のケアをして心からリフレッシュをする など…
こんな些細な積み重ねがママのイライラを少しでも解消してくれます。

ママが笑顔でいるためには、家族のサポートが必要です。

一人で頑張りすぎないで周りを頼って、

たまには少しの休息を。

少しでも気が楽になってくださればと願うばかりです。

 

子育てはゆっくり焦らず、

体と心を健康な状態で始めていきましょう!

当院が全力でサポートいたします。